臨床推論カンファレンス_めまい

相武紗季さん(仮名)、45歳、数ヶ月前にバスガイドに復帰した。

最初は調子よく若いころに戻った感じがして楽しかったが2ヶ月前からめまい症状あり

ふわふわする感じがした

母親に相談したところ、父親が脳梗塞で倒れており、すぐに受診するようにいわれ、脳梗塞が心配で受診された

病歴身体所見から脳梗塞は大丈夫と説明し、経過観察となった2週間後車いすで受診。めまいの回数が増え、足がふらつく、手が重たい感じがする、肩がこり、尿の回数が多いとさまざまな症状がある。この前はトイレに行きたくてバスを止めてしまった。このままでは仕事にならないと困っている。さあ、みんなでこの患者さんを診断し助けよう。

流れはこのように考えています。

①アイスブレーキング

②症例提示1

③主訴から鑑別診断をあげよう

④症例提示2

⑤アルゴリズム法により臨床推論を勉強しよう

⑥めまいの分類について

⑦見逃してはいけない疾患と頻度の高い疾患

⑧めまいの病気各論

⑨症例提示3

⑩最終カンファレンス

⑪さてこの疾患は?

⑫5 minites lecture

⑬Takehome message